KONDOBOは、 100有余年の実績とノウハウを有する糸のスペシャリストとして、
常に新しいアイディアを提案し、多様化するニーズをサポートします。

KONDOBOの国内生産拠点である大町工場は、北アルプスの豊かな自然と清らかな水に恵まれた、紡績に適した環境に立地しています。
天然素材を中心に、より高品質な素材が要求される紡績業界において、付加価値の高い新素材を開発・提供できる日本屈指の紡績プラントです。
その生産ラインは自動化により、徹底的な効率性を追求する一方、新開発糸は人的作業を経て、細かなニーズに対応します。それは効率性を維持しつつ、「感性」を追い求める新たなKONDOBOの生産方式といっても過言ではありません。
Made in Japanを謳う確かな品質と安心性、そして今、新たな価値を創造する「感性」という名の指標。これらの要素を糸の様に撚り合わせ、「人」と「糸」とを繋いでゆく。
KONDOBO大町工場は、その様な想いを胸に日々邁進しています。

求めるをカタチに

糸はそのままのカタチで、人の肌には触れません。
紡績、染色、編織、縫製、… 幾多の工程を経て貴方の手に触れています。
私たちが作るのはただの「糸」ではありません。
それは、貴方が望む製品を、望む手触りを実現するコアなのです。

お客様ごとにオリジナル製品を創出
多様化する市場に、独自性を持たせる素材の開発から、さまざまなカスタマイズまで、お客様ごとにオリジナル製品を創り出します。また、感性工学の視点から、より使い心地、着心地の良い新たな糸の可能性を追求しています。

作り上げるチカラ
お客様のニーズに応える為、私たちはその生産体系を変化させました。
大量生産を基としたオートメーションシステムから生まれ変わり、
多くの品種に対応できるマニュアルシステムへと。
新たな機材、新たな人、新たな仕組み。
全てが大きく変わる中、少しも変わらないものもあります。
それは、「真面目なものづくり」
糸と真摯に向き合い続けた匠の技は、幾時を経ても変わりません。
私たちは徹底された品質管理で新たな糸を創りだしています。
豊富な生産スタイル
定番のリング糸からコンパクト糸、コアヤーン、空紡糸、更には撚糸まで。
豊富な生産スタイルで、お客様のご要望にお応えします。
最先端の設備と匠のカスタマイズ
多種多様な生産ニーズに対応すべく、設備投資に取り組んでいます。長年のノウハウを基に紡績機械を自在にカスタマイズし、独自の製法を施すことにより、他にはない糸を紡ぎだします。
真面目なものづくり
頑固なまでに「ニホンセイ」にこだわり、長年培われた 伝統の技と最新技術を巧みに融合させながら、
安心・安全で良質な製品をご提供します。

LINK OF ABILITY

自己満足に終わらない糸づくり。
どんな要望も、どんなアイディアも
カタチにしてみせるのが、私たちの役割です。

確かな技術がそれを可能にします。

自社内で国内外に数多くの事業所を展開し、各々のセクションにて専門的な事業を行っています。
糸、生地、製品。それぞれが得た情報を共有することにより、多角的な視点から自らのセクションを分析し、反映していく。
より良い物を創りたいという思いからできたKONDOBOの新しい仕組みです。

大町CMAP

素材開発部 アパレル事業部 ランドリー事業部



KONDOBOは、グローバルな紡績メーカーとして国際競争力を強化するために、中国・ベトナム・インドネシアの3ヵ国に生産拠点を置いています。
中国は染色・プリント加工・縫製まで一貫して行うニット製品のOEM拠点。
ベトナムとインドネシアは、綿紡績を基軸とした生産拠点として、
世界各国に安定した製品を供給しています。