大学で繊維学部を専攻していました。企業見学でKONDOBO大町工場を見学して、充実した設備と働きやすい環境に惹かれて会社説明会に参加しました。 担当の方とは、大学で学んだ知識や新しい技術の話で盛り上がり、この会社なら今まで学んだことを活かせる環境があると確信して入社を決めました。

入社前は、会社の規模の大きさと熟練技術者の多さに、私の活躍できる場所があるのかと不安でした。ところが実際は新人の私に製品アイディアや改善策を発言できるチャンスが多く与えられ、先輩方の後押しもあり「自分の活躍できる場所」をこんなにも与えて頂けることに驚きを感じました。

新しい糸の試作品が、評価目標の数値に達しない時、自分ひとりのアイディアや技術では解決できないことがあります。開発よりの考え方だけでは解決できない問題を、営業・企画・生産の各部署とできるだけ情報を共有して製品全体の流れを捉え、広い視野で考えるよう心がけています。

仕事上、糸の開発や評価業務がメインになります。設備的、技術的に難しい問題をクリアして製品化した糸などは、特に思い入れがありますね。そういった糸を使った商品を百貨店やショップの店舗などで見かけた時は、ものづくりの喜びと仕事の重要性を実感しました。

入社当初、まったく新しい製法での製品開発に取り組んだ時、何から手をつけてよいか分からないことばかりでした。そんな私に上司は「失敗も含めて開発だ!まずはアクションを起こすこと」と、何度も背中を押されました。気が付けば積極的にアイディアや提案が出せる自分に成長していました。

わたしは、ものづくりに携わる仕事に興味があり、KONDOBOの説明会に参加しました。その時、担当の方から「自社でアパレルブランドを立ち上げます。新しく一緒に作り上げていく仲間がほしい。」と、意欲的な説明を受け、何かワクワクする期待感を会社説明から強く感じて入社を決めました。

基本の事務だけでなく、発注依頼のメール確認や顧客からの商品作成依頼を整理して工場へ伝えるための仕様書作成など、他の事務職とは違ったアパレルならではの業務もこなします。
ミスの許されない重要な業務を任されており、常に慎重な確認を心がけています。

商品の知識を深めたいと考えています。具体的にはTES(繊維製品品質管理士)という、資格を所得するために勉強中です。他の社員の方はほとんど持っている資格なので、私も負けずに専門的な知識を増やして、仕事に活かしていきたいと思います。

貿易関係の業務で、輸入商品に関して運送業者から「複数商品の配送先がわからない…」と、連絡がありました。私が途方にくれていると、先輩が対応して配送先を一旦一ヶ所に指定した後、営業が個別に現地まで直接届けるということがありました。対応の早やさに驚きでした。

いろいろな会社の説明会に参加した中KONDOBOの「企業にとって、人は財産」という考え方に興味を持ち、話を聞いていると、先輩社員の気さくな人柄に好感が持て、若手の採用が十余年ぶりという話もあり、自分の考えをどんどん試すチャンスがこの会社にはあると感じ、入社を決めました。

はじめは歴史のある企業なので、いろいろ伝統的な縛りがあると思っていました。ところが入社当初の業務ローテーションで様々な職場を体験した時、どの職場でも入社したばかりの私の意見や考えに耳を傾けてくれて、改善・改革のヒントを一緒に考えようとする意識の高さ、柔軟さに驚かされました。

研究チームを組んで新たな素材の開発にチャレンジしたいと思っています。分野にこだわらず、糸が持つ幅広い可能性を活かした製品の開発・提案をしていくことにより、ユーザー層を広げ、さらには環境に対しても付加価値の高い仕事を、これからもどんどん増やしていきたいと思います。

顧客対応、社内連携のどちらもコミュニケーションを密にするよう心掛けています。全体的なミーティングだけでなく、各プロジェクトの担当者と直接話し合う機会を設けるようにして、問題点の洗い出しや対策方法など、意見を出し合うようにしています。

初めは分からないことが多く、先輩社員にアドバイスをもらい、自分でも疑問点を調べながら、徐々に知識や経験が身についてきました。今では一人で複雑な業務もこなせるようになり、また重要な案件も任され、自分が取り組んだ製品が無事納品できた時、自分の成長と達成感を感じました。

数十年ぶりの新卒採用ということもあり「中間層が少ないかわりに若手の意見をどんどん取り入れる方針だ」というお話と、紡績業の他に不動産業、アパレル業など幅広く事業を拡げていて、将来的にも安定した企業だと確信して入社を決めました。

普段は細かなサポート業務がメインですが、今回、大きな展示会の出展に携わらせて頂きました。出展ブースのディスプレイ案が実際の会場で具現化され、期間中に多くの方に見て頂き、評価されたことに感動しました。新しいことを任され、その期待に応えられた時の達成感は私の貴重な経験になりました。

内勤が多い私を、開発の現場や展示会へ同行させて普段は顔を合わせることのない、お客様や関係部署の方々に合う機会を設けて頂きました。実際に顔を合わせる事で今後の業務がスムーズにいくようにとの心配りをして頂き、人と人とのリアルなコミュニケーションの大切さを教えて頂きました。

以前は運動を全くしていなかった私ですが、入社して先輩社員からマラソンに誘って頂きました。それ以来、身体を動かすことが好きになり、休日予定の無い時は、10km程度のジョギングで汗を流しています。今年は遂にフルマラソンに挑戦して完走することができました。