お客様のニーズを敏感にキャッチして、新しい素材・機能・デザインを提案していきます。


プロダクト・アウトの時代はとうに終焉し、市場はマーケット・インの時代からカスタマー・セントリック(顧客中心主義)の時代に移行しようとしている中、次代の要求にこたえるため、アパレル事業部の業務は多岐にわたります。
相手先ブランドによるOEM生産はもとより、提案力、デザイン機能を必要とするODM生産、更には自社の背景である紡績機能を最大限に活かした
独自の開発商品を駆使して、新たなビジネスモデルの構築を目指しています。


“やわらかあたま”の

     クリエイティブ集団

私たちは、既成概念にとらわれない柔軟な発想で
顧客のニーズを具現化できる “やわらかあたま”の
クリエイティブ集団です。 デザイナー、パタンナーで
構成された社内クリエイティブチームがダイレクトに
顧客ニーズを営業と共有し、デザイン・素材・機能に
至るまで、とことんこだわり貫いた提案で、
顧客の予想を超えた製品をご提供しています。

紡績メーカーならではの

    きめ細やかな対応力

糸軸での素材開発が可能というアドバンテージを武器に
取引アパレルからの声を紡績部門にフィードバックし、
きめの細かいニーズに対応した素材を提案することで
販路を拡大してきました。

“こだわり”を実現する確かな仕組み

主な生産拠点を中国の青島に置き、日本と同様の
縫製・検品体制で主に百貨店ブランド向けのカットソー
商品を生産しています。 また、百貨店ブランドからの
「メイドイン・ジャパン」 の要望に応えるため、
国内にも自社工場と協力工場を構えています。

求められる付加価値のカタチ

アパレル商品の販売先として有名子供服アパレルから、
レディース、ナイティー、スポーツブランドに至るまで
幅広い顧客に支持されています。 その理由としては
日本人目線でのものづくり体制と、原材料である糸、
生地からプリント加工、縫製まで一貫で安定供給できる
工場背景によるところが大きいのです。

LINK OF ABILITY

素材開発チームから引き継いだモノ創りの「シーズ(種)」を、
具体的な「カタチ」にして提案するのがアパレル事業部の仕事です。

繋がるアイディアから、新しい「カタチ」が生まれます。

自社で国内外に数多くの事業所を展開し、各々のセクションにて専門的な事業を行っています。
糸、生地、製品。それぞれが得た情報を共有することにより、多角的な視点から自らのセクションを分析し、反映していく。
より良い物を創りたいという思いからできたKONDOBOの新しい仕組みです。

アパレルCMAP

大町工場 素材開発部 ランドリー事業部